アフィリエイトをやるなら中古ドメインで運用が良い

アフィリエイトを行うなら、中古ドメインでサイトを運用することも視野に入れてみるといいでしょう。
ドメインとはそのサイトのURLでもある個別識別の文字列で、その中でも中古ドメインとはだれかが使っていたドメインのことを指します。過去にサイト運用がなされていたので、たくさんのサイトの中でも比較的ドメイン運用効率が良いという可能性があります。

最も大きなポイントは、ドメインのSEO効果が期待できるという事でしょう。もともと運用されていたドメインの場合、新規ドメインと比較するとインデックス速度が速かったり、ある程度バックリンクがあるなどの理由からそれなりに集客が期待できます。ドメインエイジがある程度あるサイトでそれなりにサイト運用をしているのであれば、運用利履歴があるという事で信頼度が上がります。
また、検索エンジン上でも早く認識されやすかったり、過去のドメインの影響もありその被リンクからの集客も期待できるでしょう。

何より大事なのが個性的な文字列を得られる可能性がある、という事です。
ドメインはすでに様々な文字列が既に取得されており、新規ドメインで魅力的な文字列を得られる可能性は極端に少ないでしょう。人がクリックしてアフィリエイト成果を出すための工夫のひとつとして個性的なドメインがあり、その個性的なドメインであればあるほど成果が高くなる可能性もあります。
このため、アフィリエイトで成功したいなら中古ドメインでユニークな文字列のドメインを取得することも考えましょう。

基本的に中古ドメインそのものは最初は新規ドメインより取得に費用や手間がかかります。ですが、その手間を考えてもドメインエイジがある事やインデックス速度がある事、バックリンクがある程度ある事などは魅力的でしょう。
特に検索エンジンで一定の評価を得ていたりすると、信頼度はある程度得られます。とくに運用利履歴が一定あり、過去に良い評価を得ているドメインの場合は様々な集客が期待できるかもしれません。

その一方で、中古ドメインの中には悪質なドメインもあります。SEO効果を狙って買ったのに、逆に悪い影響を及ぼす場合もあるようです。このため、アフィリエイトの中でもメインサイト目的で運用するのであれば、中古ドメインの質についてはきちんとチェックしておきましょう。集客したいサイトほどそれなりに価値を考える必要がありますので、気を付けておいてください。

人気記事一覧