画像もコンテンツの一部なのでSEO意識したサイトを作る

カーソル

サイトを作成する場合、大事な事のひとつが画像です。ただ表示させるだけではなく、実は画像もコンテンツとしてSEO対策に有用になる、という事を忘れないでください。
画像については、基本的に見た目も大事ですし、当然検索サイトへの配慮も必要になります。具体的にはいくつかの配慮を行いましょう。

まずは画像そのものを魅力的な物にするという事が大事な事でしょう。その画像がどういう用途でそのサイトに表示されているのかは場所によって違いますが、どの画像も魅力的なデザインにすると、場合によっては画像からの検索流入が期待できます。実は検索サイトはイメージ検索というのを行っており、検索結果に画像を表示すrというのもあります。

もう一つはHTMLでのコーディングの際に気をつける事です。まず、alt属性いう属性をタグの中に入れましょう。これは画像に何が表示されているかを示すもので、ユーザービリティに影響します。
実はSEO的にもこの点を重視しており、特にそのコンテンツにどういう内容の掲載があるか、という事を重視します。コーディング用のソフトによっては勝手にファイル名が入る場合もありますが、これが好ましくない場合は自分で書き替えてしまいましょう。

ただし、このalt属性にキーワードの埋め込みを行うと、実はGoogleガイドライン上ではよくありません。スパム認定されると検索順位が下がったりすることもありますので、キーワードの埋め込みだけを意識した文字列を設定するのは好ましくないことなのです。

ファイル名については、通し番号などではなくその内容を示す特有のファイル名の方がSEO対策には良いという意見もあります。ですが、ファイル名そのものが確実に影響するという根拠はありませんので、もし対応できそうならファイル名に配慮する、という程度で構いません。

ブログ記事の中にイメージ写真を入れたり、難しいコンテンツに解説イラストを付与するのはユーザービリティ上悪い事ではありません。デザインにこだわったアイキャッチをその都度設定するのは良い事なのです。
ですが、Googleガイドラインをチェックすると、タグ内でこっそり行ってしまうSEO対策はどれも非推奨ですし、スパム認定されると良くありません。このため、悪質な行為は出来るだけ行わないのに越したことはないでしょう。適切な選定と配置、適切なマークアップを行う事で、上手にSEO対策に役立てましょう。

人気記事一覧