被リンク用のサテライトを大量に作成しても問題のでしょうか?

被リンク用のサテライトサイトを大量に作って被リンクを得る行為は、かつてはSEO対策の一環として行われており、今でもその傾向はあります。とはいえ自然なサイトの作成や被リンクではないと、ペナルティを受ける場合もあるでしょう。
このため、被リンク用のサテライトサイトを大量に作成しても問題がないのか、という事の意見はいくつかあります。

まず、基本的に内容の薄いペラサイトからの被リンクを高く評価することは少なくなり、ペナルティを受ける可能性は高くなります。過去にGoogleはこういう内容が薄いサイトや情報がほとんどないサイトが大量に生産されたことを重視して、内容が極端に薄いサイトや質が低いサイトは評価しない傾向があります。

このため、コンテンツの質と量がないサイトの場合は基本的にそこまで上位表示されにくく、検索サイトも悪い影響を考えてあまり良い評価を与えません。当然被リンクがあっても、あまり価値を考えない場合があります。むしろペナルティにつながる可能性もありますので、気を付けておいた方がいいかもしれません。

また、検索サイトの中にはそのサイトのIPアドレスを見るサイトや、ドメインを見る場合もあります。同じIPアドレスのサイトからの被リンクは作成者が同じである可能性が高いため、一時的に被リンクが多くなっても評価しない可能性があります。逆にスパムリンクを疑われて順位が下がるかもしれません。
ドメインの質や内容もチェックされますし、当然ドメインエイジなどもチェックされます。

とはいえ、こういったことだけではなくバランスの良いサイト作りが出来ていれば、そのサイトをSEO対策用に使うことは悪い事ではありません。サテライトサイトのつもりでコンテンツ量があまり多くないサイトを量産するのであれば、スパム認定を受けないようにサイト作成のタイミングやドメイン、IPアドレスの重複がないことなども大事です。

たくさんのドメインから被リンクを受けることは大事ですが、実際は検索サイトはいろいろな点をチェックしています。このため、下手な対策をするくらいならやめた方がいいという傾向は否定できません。
ですが、ある程度優良なサイトが作れる、バランスの良いサイトが作れる、細かいところまで対処できるサイトを作れる場合、ペナルティを受ける可能性は少なくなります。力量とバランス次第では、もっと良いアクセスを得られる可能性がとても高いのがポイントでしょう。