SEOで中古ドメインを使ったサテライトは有利

パソコンの画面

SEO的に考えるのなら、中古ドメインを利用したドメインは有利になるという傾向があります。
この理由はいくつかありますが、ひとつはドメインの履歴が長い事、ドメインの被リンク数がある程度期待できることなどが理由でしょう。

最も大きいのが、そのドメインの存在する履歴が長いのではないか、という事があります。これはドメイン年齢ともいい、ドメインの年齢が高ければ高いほどドメインやサイトの価値が高くなると判断されます。特に存在期間の長さによって判断されるのをエンジングフィルターといい、存在歴が長いドメインほど価値があるのです。

もう一つは被リンクの存在です。被リンクとは、そのドメインがどこか外部からリンクを張ってもらうという物で、この数が大きければ大きいほど価値が高いというSEOの常識ともいえる評価軸です。
被リンクについてはサイトが存在していると自然に増えていくという考えもありますし、当然SEO的に速く効果を出したいのでそれなりにサテライトサイトなどを作って被リンクを作る場合もあるでしょう。どちらにせよ、被リンクがあったという事それそのものが価値となり、検索エンジンにも評価してもらいやすいのです。

また、エンジングフィルターに限らず、そもそもその運営されている中古ドメインの文字列がどうか、という事がポイントです。
魅力的なドメインの文字列はすでに取得されていることも多いのですが、このドメインの文字列が魅力的な物が欲しい場合、やはり中古ドメインで魅力的な文字列のものがあった場合に取得するしかありません。特に被リンクなどが無くても検索ボリュームが大きな文字列や個性的な文字列、アフィリエイト用として価値がありそうなドメインにはそれなりの価値を持ちます。

ドメインオーソリティがあるという事もポイントです。そもそも被リンクドメイン数が多かったりドメインパワーがある、被リンク数が多いなどのメリットはサイト運営に影響を与えます。
例えばインデックス速度が速いとか、検索エンジンから評価が速く出るなどのメリットもあるでしょう。

基本的に中古ドメインはサテライトサイト用、メインサイト用、特定の目的用などで様々な用途があります。とはいえサテライトサイトそのもののSEO価値を高める必要がありますので、ドメインオーソリティやインデックス速度が既にあるドメインを利用するのは良い選択肢で鵜s。被リンクドメイン数やドメインパワーを確認してから、しっかり活用してみましょう。

人気記事一覧